夫婦再生中~引き寄せの法則を学んで自分らしく生きる~

離婚危機から引き寄せの法則を学び、自分らしさを取り戻す記録

頑張らないを頑張る②~私の実践編~

スポンサーリンク

こんにちは。

頑張らないを頑張っています。

頑張らないことが大事とかよく言います。

でも何もしないでダラダラしてればいいというわけではないとも言います。

じゃあ一体何なんだよ!!

その気持ちよーーーーーーーくわかります。

なので今の実践記が参考になればと思い今日も書いていきます。

ダメな例は今までの私です(笑)

 

嫌なことは嫌と言ってみよう

はい。これは私のことです。(笑)

「今日はなんだか体調不良でごはん支度したくないなぁ。」

そんな日ありますよね。

そんな時「まぁそうめん茹でるくらいなら出来そうかな」と頑張らずお金がかかることを気にしないで「今日は体調が悪くてごはん支度するの嫌だからお弁当買おう!!」という。旦那さんのお弁当を作るのが嫌なら「今日お弁当作りたくないから自分で買っていって!!」という。

それが自分のエネルギーを保つことになりますし実は無理して頑張ることを旦那さんも望んでいません。

自分もそれでイライラしなくなり笑顔でいられることは家庭内の循環を良くします。

わたしはこの1週間これを徹底的にやったことで自分がイライラする回数が減りました。

自分がみんなのことばかり考えて自分のこと一番置き去りにしてイライラしてたんですね。

f:id:teruteruhappy:20190817093919p:plain

それが主人にも伝染し向こうもずーっとイライラしていたような気がします。

主人が子どもと遊んでいて汚しても「わたしはそれ掃除するの嫌だからパパとちゃんと片付けてよ」と言ってます。主人のおやつも買い物に行ったついでには買いますが買い物に行けなかったときは「今日買い物に行ってないから自分でお願いします」とお願いする。

そうすることで自分が楽になりイライラする事が減らせるのです。

 

いろいろ気をまわしてやっておいてあげないこと

つまり尽くしすぎることですね。

買い物に行ったときに「これがあったら喜んでくれるかな」と買うことはいいですが「おやつがないと旦那がうるさいから」とわざわざしたくもないのに買い物行ったりアレコレ先回りしちゃうことです。そうすると頼られたい生き物な男の人は活躍する場がなくなってしまい疲弊していきます・・・。

ついつい結婚して子どもを産むと「良妻賢母」を目指してしまって苦しくなり、それが旦那さんを苦しめます。

できないことは無理してやらずに頼んでしまった方が楽です。

 

わたしは主人との関係の中で家事ができないことを指摘されたり、自分のことを優先する姿を見るたびに「やっぱりお義母さんのように家事がちゃんとできて尽くす人になることを求めてるのかなぁ」と思うようになりすごく頑張って苦しくなり今に至ります。お義母さんは家のことを一人でやり、自由になるお金もパート代だけ(だから自分の服とかすごく辛抱うしてる)なのにお義父さんは好きなことして好きなものを買っている・・・という感じです。

「お義父さんもっとお義母さんに好きなことさせてあげて!!」と言いたいです。

きっと私にそんな母親の姿を投影させて苦しかったんでしょうねぇ。

 

そんなわけで今日は私の頑張らない実践記でした。

 

読んでくださりありがとうございました。

 

ぽちっとお願いします

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村